「読まれる記事」とは

読まれる記事のサムネ

Webサイト運営者にとって、どのようにすれば訪問者に閲覧してもらえる良質なコンテンツを提供できるかということは常に考えなければならない課題です。特に、自社のWebサイト内で読まれる記事を作成することは、サイトの評価やユーザーエンゲージメントを高める上で重要なポイントの一つと言えます。

そこで今回は、「サイト内の読まれる記事」というテーマで、その重要性や、どのように記事を作成すれば読まれるコンテンツを提供できるのかについて解説していきます。

目次

「サイト内の読まれる記事」とは?

「サイト内の読まれる記事」とは、その名の通り自社Webサイト内で多くの人に読まれる記事のことを指します。しかし、単に閲覧数の多い記事だけを「読まれる記事」とするのは正確ではありません。読まれる記事とは、読者の関心を引きつけ、深く理解してもらえるようなコンテンツを指します。

読まれる記事は、記事自体が持つ価値が高いために、検索エンジンからの流入数も多くなります。また、読者からのリピート率も高くなるため、Webサイトの滞在時間が長くなり、サイトの評価を向上させることができます。

読まれる記事を作成するには

読まれる記事を作成するには、いくつかのポイントがあります。

1. 読者の関心に合ったテーマを選ぶ

まず、読者の関心に合ったテーマを選ぶことが大切です。自社サイトにアクセスするユーザーの検索履歴や興味関心を分析し、その中から取り上げるべきテーマを見つけ出すことが必要です。自社サイトにどういった検索ワードでの流入が多いのか、または、Googleでの検索数が多いワードを事前に調べ、自社の視点から、そのワードに対してアプローチすることで、無理のない記事を書くことができます。

2.タイトルと見出しを工夫する

次に、タイトルと見出しを工夫することが重要です。タイトルは、記事の内容を端的に表現することが求められます。また、見出しは読み手の興味を引きつけるために、わかりやすく、分かりやすく、簡潔である必要があります。

読まれる記事を作成するためのコツ サイト内で読まれる記事を作成するためには、以下のコツがあります。

タイトルを工夫する

まずは、タイトルを工夫することが重要です。タイトルが面白く、興味を引くものであれば、ユーザーは記事を読む気になります。ただし、あまりにもクリックバイトルにしすぎると、ユーザーが離脱してしまうこともあるため、注意が必要です。

シンプルな文章で書く

次に、シンプルな文章で書くことが大切です。難解な単語や長文を使うと、読み手にとって負担となり、逆に興味をそがれてしまいます。記事を読みやすくするためには、短文や箇条書きなど、分かりやすい構成を心がけましょう。読み手にとって分かりやすい言葉遣いや表現を心がけることも大切です。難しい専門用語や長文の文章は、読み手にとって読みづらい場合があります。適度にカジュアルな表現や、簡潔な文章を心がけることで、読まれる記事を作り上げることができます。

目次をつける

目次のイメージ

目次をつけることで、ユーザーは記事の構成を理解しやすくなります。また、目次があることで、必要な情報を素早く見つけることができ、読みやすさが向上します。

視覚的な情報を入れる

視覚的な情報を入れることで、記事がより見やすくなり、読み手にとって興味深いものになります。写真やグラフ、イラストなどを適宜挿入することで、ユーザーの興味を引くことができます。

SEO対策を行う

最後に、SEO対策を行うことが大切です。SEO対策を行うことで、検索エンジンからのアクセスを増やすことができます。タイトルや見出し、キーワードの使い方など、SEOに関する知識を持っておくことが重要です。

読みやすい構成にする

まずは、記事全体を読みやすくするために、適度な改行や見出しを活用することが重要です。また、本文中に挿入する画像やグラフなども、読み手にとってわかりやすいように選ぶ必要があります。

さらに、記事の構成も分かりやすくすることが重要です。例えば、大きな見出しをつけて、本文を細かく分けることで、読者が読みたい情報に素早くアクセスできるようにすることができます。また、箇条書きや表などを使って、情報を整理することも効果的です。

まとめ

サイト内で読まれる記事を作成するためには、タイトルの工夫やシンプルな文章、目次や視覚的な情報の入れ方、SEO対策など、さまざまなポイントがあります。これらのポイントを意識しながら記事を作成することで、ユーザーの興味を引きつけ、サイトのアクセス数を増やすことができます。

記事の書き方は人それぞれですが、読み手にとって理解しやすい記事を提供するという点では共通項があります。読みづらい文章、構成はただの自己満足ですので、「読まれる記事」ではありません。公開する前に、客観的に記事を読んでみて、読者が難解だと思うポイントがあれば、平易な文章や表現に置き換えることを心掛けましょう。

それでは今回はここまでです。

また別の記事でお会いしましょう。

関連記事:ブログ記事のSEO対策に必要なテクニックとポイント

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

銀行員時代に支店長に言われた「何でもできる奴は何もできない奴」を絵に描いたような性格。知財検定、危険物、電気工事士などの資格を取得し、料理、カメラ、ブログ作成、動画編集と、思い立ったものは何でも趣味でやっています(笑)

目次