アイキャッチ画像の作り方

アイキャッチ画像のサムネ

ホームページにおいて、アイキャッチ画像は非常に重要な役割を担っています。アイキャッチ画像は、サイトの閲覧者がコンテンツを見つけるために最初に目にするものであり、それが魅力的であれば、そのコンテンツを見たくなるという心理的な効果があります。つまり、アイキャッチ画像はサイトのユーザー体験に大きな影響を与えます。

そこで、今回は、ホームページのアイキャッチ画像の作り方について紹介します。

目次

アイキャッチの作り方

目的を明確にする

アイキャッチ画像を作る前に、まず目的を明確にしましょう。アイキャッチ画像は、記事の内容を伝えるだけでなく、ユーザーにクリックしてもらうことを促すためのものでもあります。例えば、商品ページのアイキャッチ画像は、商品の特徴を強調し、購入欲求をかき立てることが必要です。

伝えたい情報を盛り込む

アイキャッチ画像は、記事の内容を伝えるためのものでもあります。そのため、伝えたい情報を画像に盛り込むことが大切です。例えば、ニュース記事のアイキャッチ画像は、タイトルやキャッチコピーを表示することで、記事の内容を分かりやすく伝えることができます。

適切なサイズにする

アイキャッチ画像は、ホームページのデザインに合わせて適切なサイズにすることが重要です。小さすぎる場合には、注目されずに見落とされることがあります。一方、大きすぎる場合には、ページの読み込み速度を遅くしてしまい、サイトを離脱するユーザーの増加の原因になります。

アイキャッチ画像のサイズ

著作権に注意する

アイキャッチ画像を作成する場合には、著作権に注意することが必要です。無断で画像を使用することは違法であり、法的なトラブルに発展する可能性があります。使用する画像が著作権を侵害していないか、商業利用可能かどうか等を事前によく調べてから使用するようにしましょう。

色の選定に注意する

アイキャッチ画像において、色は重要な役割を担っています。色の選定によって、見た人にどのような印象を与えるかが大きく変わってきます。例えば、赤色は情熱的でアグレッシブなイメージを与え、青色は落ち着いた印象を与えることが知られています。また、色の明度や彩度なども重要で、コントラストがあると視覚的に目立ちやすくなります。色の選定に迷った場合は、ターゲットとする読者層の好みや、企業のブランディングに合わせて選ぶと良いでしょう。

レイアウトを考慮する

アイキャッチ画像のレイアウトも重要です。レイアウトが煩雑で見づらい場合は、見た人が離脱してしまう可能性が高くなります。一般的には、シンプルなレイアウトが好まれます。また、テキストを入れる場合は、重要なキーワードを目立たせるようにレイアウトを調整することも重要です。

ファイル形式を選択する

アイキャッチ画像のファイル形式には、JPEG、PNG、GIFなどがあります。JPEGは色の変化が滑らかで、写真などの画像に向いています。PNGは透過性があるため、背景が透けて見える画像に適しています。GIFはアニメーションに対応しており、動きを表現する場合に適しています。ファイル形式の選択には、目的に応じて適切なものを選ぶことが大切です。

関連記事:ホームページに適した画像形式、とは?

コンテンツに合わせる

アイキャッチ画像は、コンテンツと一致するように作成することが大切です。コンテンツが伝えるテーマやトーン、ターゲット層に合わせたデザインや画像を選択し、一貫性を持たせることで、閲覧者により深い印象を与えることができます。

テキストの配置に注意する

アイキャッチ画像にテキストを入れる場合は、テキストの配置にも注意が必要です。テキストが画像の中央に寄り過ぎると、コンテンツが読みにくくなる場合があります。また、テキストのフォントや色彩を選択する際にも、コンテンツと一致するように調整しましょう。

アイキャッチ画像のポイント

また、アイキャッチ画像には「見せ方」にも工夫が必要です。例えば、ホームページのトップページに配置する場合、スクロールして画像が見えるようにするか、静止画で表示するかなど、レイアウトに合わせた配置が重要です。また、記事の見出しや内容に合わせてアイキャッチ画像を変えることも考慮しましょう。

さらに、アイキャッチ画像はSNSでのシェア時にも重要な役割を担います。特にTwitterでは、画像が目立ちやすく、リツイート数を増やす効果があります。そのため、アイキャッチ画像をSNS用にも最適化することをおすすめします。例えば、アスペクト比が適切か、文字が小さすぎないか、視認性が高いかなどを確認しましょう。

最後に、アイキャッチ画像は読者の興味を引きつけるための重要な要素の1つです。そのため、タイトルや内容に合わせた魅力的な画像を作成することが大切です。また、競合サイトのアイキャッチ画像も参考にしながら、自社サイトのアイキャッチ画像を改善することも検討しましょう。

関連記事:競合と差別化!サイトのランキングを上げる方法

まとめ

以上が、ホームページのアイキャッチ画像の作り方についての紹介でした。アイキャッチ画像は、ホームページの第一印象を決める重要な要素の1つであり、正しい作り方を知ることで、読者の興味を引きつけ、ホームページのアクセスアップにつなげることができます。ぜひ、上記のポイントを参考にして、自社サイトのアイキャッチ画像を魅力あるものにしてください。

では、また別の記事でお会いしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

銀行員時代に支店長に言われた「何でもできる奴は何もできない奴」を絵に描いたような性格。知財検定、危険物、電気工事士などの資格を取得し、料理、カメラ、ブログ作成、動画編集と、思い立ったものは何でも趣味でやっています(笑)

コメント

コメント一覧 (1件)

目次