デザインセンスを磨くためのコツ

デザインセンスを磨くためのコツのサムネ

デザインセンスを磨くことは、ビジネスやプライベートの中でも重要なスキルの一つです。デザインセンスがあると、美しいデザインを生み出すだけでなく、視覚的な課題に対する解決策を提供することができます。

以前、ホームページにデザインは必要かという記事を掲載しました。
結論から言うと、デザインは必要です。
しかし、そのデザインセンスをどう身に付けるのか、どうやって伸ばしていくのかという課題が残ります。
その課題の解決として、今回はデザインセンスを磨くための方法について、具体例を交えながら解説します。

過去記事:ホームページにデザインは必要か

目次

デザインセンスを磨くための方法

ホームページにある程度のデザインセンスは必要です。レイアウトが整っていなければ、訪問者がどう視線を移して良いのか迷いますし、色合い、フォントの統一性がなければ読むのに疲れてしまいます。

恐らくほとんどの方がデザインについて勉強したことがないでしょう。一見、難しそうに感じるデザインも、一通り基礎的な知識が身に付けば意外とハードルは高くなかったことに気付くはずです。

ホームページだけではなく、デザイン全般の基礎的な知識を身に付ける方法について以下に列記しました。

デザインの基礎を学ぶ

デザインセンスを磨くためには、まずは基礎を学ぶことが必要です。色彩理論、デザインの原則、タイポグラフィ、レイアウトなどの基礎を理解することで、美しいデザインを作り出すことができます。

デザインの基礎を学ぶ方法として、オンラインのコースや書籍を活用することがおすすめです。Adobe Cloudなどのデザインチュートリアルが参考になるかも知れません。また、デザインに関するウェブサイトやブログ、YouTubeチャンネルなども情報源として活用することができます。

デザインセンスを磨くためのチュートリアルとして有用なAdobe
簡単なチラシの作り方から学ぶのも一つの方法

引用:InDesignことはじめStep 1:チラシを作る方法

優れたデザインを模倣する

何より効果が期待できるのは、優れたデザインを模倣することです。優れたデザインとは、色彩の配色やレイアウト、フォントなどが調和していて、目を引くものです。これらのデザインを模倣することで、自分自身が優れたデザインの要素を理解し、デザインセンスを磨くことができます。

有名ブランドの広告やWebサイト、雑誌などからも学ぶことができますが、一番の早道は、あなたがどのデザインを見て「素晴らしいと思ったか」によります。そのデザインは少なくともあなたの気を引く何かがあったはずです。その要素を少しずつ理解することによって、あなたのデザインセンスが磨かれるはずです。

クリエイティブな環境を作る

また、クリエイティブな環境を作ることも大切です。環境によっては、アイデアの出しにくさやデザインセンスが鈍ることがあります。

デザインセンスを磨く環境

クリエイティブな環境を作る方法として、自分が好きな音楽を流したり、好きな色のペンやノートを使うことが挙げられます。またデザインセンスを磨くためには、身の回りの物を観察することも重要です。例えば、散歩をして建物や景色、看板などを観察することで、新しいアイデアを得ることができます。また、美術館やデザイン展示会に行くこともおすすめです。そこで見た優れたデザインに刺激を受け、自分のデザインに取り入れることができます。

批評を受ける

自分のデザインに対して批評を受けることも、デザインセンスを磨くための有効な方法です。批評を受けることで、自分自身が気付いていなかった課題や改善点を見つけることができます。

批評を受ける方法として、デザイン関連のコミュニティやSNSグループに参加することがおすすめです。そこで自分のデザインを公開し、他の人から意見をもらうことができます。また、同じ趣味を持つ友人や仲間にも意見をもらうことができます。

実践する

デザインセンスを磨くためには、何より実践することが欠かせません。デザインに関する課題やプロジェクトを持ち、実際に制作することで、理論だけでは得られない実践的な経験を積むことができます。

また、自分自身のデザインスタイルを確立するためにも、実践が必要です。自分が好きなデザインスタイルや特徴を意識し、実際に作品を制作することで、自分自身のデザインスタイルを確立することができます。

日々の習慣に取り入れる

日々の習慣にデザインセンスを磨く要素を取り入れることも大切です。例えば、デザイン関連のニュースやブログを読むこと、色彩や形状を意識すること、新しいデザインのアイデアをメモすることなどが挙げられます。

デザインセンスを磨くための日々の習慣

また、自分自身のデザインスタイルを深めるために、定期的に自分自身のポートフォリオを更新することもおすすめです。自分自身の作品を見直し、改善点や新しいアイデアを考えることができます。さらに、日々の習慣に取り入れることで、デザインに対する意識が高まり、より質の高いデザインを制作することができます。

フィードバックをもらう

デザインセンスを磨くためには、フィードバックをもらうことも大切です。自分自身が思っている以上に、他の人からのフィードバックは参考になります。

例えば、デザインに関する専門家やクライアントからのフィードバックは、自分自身の課題や改善点を見つけるために役立ちます。また、デザインに詳しくない人からのフィードバックは、一般的な感覚や視点を知ることができ、より多角的なデザインを制作することができます。

色やフォントを意識する

基礎的なことですが、色やフォントの使い方を意識することも大切です。色やフォントは、デザインの印象を大きく左右する要素です。

色彩理論を学び、色の意味や効果を理解することで、より効果的な色の使い方ができるようになります。また、フォントの種類や使い方についても学び、デザインに合ったフォントを選ぶことができるようになります。

豊富な知識を持つ

ときには豊富な知識を持つことも重要です。ホームページのデザインに直結することは稀のように思えますが、デザインの歴史や流派、現代のデザイン動向などを学ぶことで、より幅広い視点からデザインに取り組むことができ、そのエッセンスを加えることができるかも知れません。

また、デザインに必要なソフトウェアやツールについても知識を持つことが重要です。最新のツールやテクニックを学び、効率的な制作をすることで、より高品質なデザインを制作することができます。

常に新しいことに挑戦する

そして、常に新しいことに挑戦することも大切です。新しい技術やツール、デザインのトレンドなどを積極めていくことが重要です。

新しいことに挑戦することで、自分自身のスキルアップや成長を促すことができます。また、新しいことに挑戦することで、新しい発見やアイデアを得ることができます。

例えば、新しいデザインのトレンドに挑戦することで、より現代的なデザインを制作することができます。また、新しいソフトウェアやツールを使うことで、より効率的な制作ができるようになります。

ポートフォリオを作成する

デザインセンスを磨くためには、ポートフォリオを作成することも重要です。ポートフォリオとは、自分自身が制作したデザイン作品をまとめたものです。

ポートフォリオ

ポートフォリオを作成することで、自分自身のスキルアップや成長を証明することができます。また、ポートフォリオは就職活動やクライアント獲得などにも役立ちます。

ポートフォリオは、自分自身がデザインに取り組んできた歴史や過程をまとめたものでもあります。制作した作品の説明や背景を記載することで、より多角的な視点でデザインに取り組むことができます。

まとめ

デザインセンスを磨くためには、多くの要素が必要です。観察力や瞬発力、想像力などの創造力や、技術的なスキルや知識、日々の習慣や癖など、多岐に渡る要素が必要です。

しかし、その中でも重要なのは、常にデザインに対する意識を高く持ち続けることです。デザインに対する意識を高め、継続的に努力を続けることで、より高品質なデザインを制作することができます。

デザインセンスを磨くためには、観察力を鍛える、トレースする、アイデアをスケッチする、繰り返し制作する、作品を見直す、フィードバックをもらう、色やフォントを意識する、豊富な知識を持つ、常に新しいことに挑戦する、ポートフォリオを作成する、などの方法があります。これらの方法を実践しることで、デザインセンスを磨くことができます。

また、デザインセンスを磨くことは、デザイナーとしての成長やキャリアアップにもつながります。クライアントの要望やビジネス上のニーズに合わせた高品質なデザインを提供することができるため、信頼度や評価を高めることができます。

最後に、デザインセンスを磨くことは、単なるスキルアップやキャリアアップだけでなく、デザインの世界をより深く理解し、より創造的で意欲的なデザイナーになることにつながります。常に意識を高く持ち、日々の制作に取り組むことで、自分自身のデザインスタイルを確立し、多くの人々に魅了されるようなデザインを制作することができるようになるでしょう。

今回は単純に「ホームページとデザイン」という視点ではなく、「デザイン」についてのご紹介でした。
デザイン力がアップすれば、ホームページだけではなく、日々のちょっとしたことにも応用が利くようになり、精神的に豊かになる部分もあるはずです。
「デザインは苦手」と思われる方も、ぜひチャレンジしてみてください。

それでは、また別の記事でお会いしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

銀行員時代に支店長に言われた「何でもできる奴は何もできない奴」を絵に描いたような性格。知財検定、危険物、電気工事士などの資格を取得し、料理、カメラ、ブログ作成、動画編集と、思い立ったものは何でも趣味でやっています(笑)

コメント

コメント一覧 (2件)

目次