ホームページで避けるべき失敗

ホームページで避けるべき失敗のサムネ

ホームページを制作する際には注意すべきポイントがいくつかあり、そのポイントを押さえないと「失敗」したと思う結果になるかも知れません。

今回はホームページを制作する際に避けるべき失敗について、例を交えながら解説します。

目次

失敗する要因

ターゲットを明確にしない

ホームページを制作する際に、まず最初に考えるべきことは、自社のターゲットは誰かということです。ターゲットが明確になっていないと、どのような情報を掲載すれば良いのか分からず、訴求力のあるホームページを作ることができません。

例えば、アパレルブランドの場合、ターゲット顧客が若年層である場合は、鮮やかな色使いやポップなデザインを採用することで訴求力を高めることができます。逆に、高齢者向けの商品を扱う場合は、文字や画像の大きさに配慮したシンプルなデザインが求められます。

ページの読み込み速度が遅い

ホームページの読み込み速度が遅いと、訪問者はイライラしてすぐにページを閉じてしまいます。ページの読み込み速度を改善するためには、以下のような対策を取ることができます。

・画像の最適化:画像のサイズを小さくすることで読み込み速度を改善できます。
・CSSやJavaScriptの最適化:CSSやJavaScriptのファイルサイズを小さくすることで、ページの読み込み速度を改善できます。
・キャッシュの利用:キャッシュを利用することで、ページの読み込み速度を改善できます。

失敗しないための読み込み速度

ナビゲーションがわかりにくい

ホームページに訪問したユーザーは、求めている情報をすばやく見つけることができるように、ナビゲーションがわかりやすく設計されていることが求められます。ナビゲーションがわかりにくいと、ユーザーはページ内をうろつくことになり、イライラしてページを離れてしまう可能性があります。

過去記事:ユーザーファーストなホームページについての考察

ナビゲーションをわかりやすくするためには、以下のようなポイントに注意する必要があります。

・分かりやすいラベルを使う:ナビゲーションのリンクには、分かりやすいラベルを付けることが大切です。例えば、「商品情報」や「お問い合わせ」などです。
・階層構造を意識する:ページ内のコンテンツが多い場合は、階層構造を意識したナビゲーションを作ることで、ユーザーがスムーズに情報を探すことができます。
・ホームボタンを設置する:ホームページにいつでも戻れるように、ホームボタンを設置することも大切です。

コンテンツの品質が低い

ホームページに掲載するコンテンツの品質が低いと、訪問者は興味を持たずにページを離れてしまう可能性があります。コンテンツの品質を向上するためには、以下のようなポイントに注意する必要があります。

・情報の正確性を確認する:掲載する情報は正確であることが大切です。誤った情報が掲載されていると、信頼性が失われます。
・読みやすさに配慮する:文字が小さい、見にくい配色をしているなど、読みにくいコンテンツは訪問者をイライラさせてしまいます。
・独自性を出す:他社と差別化するためにも、独自性を出したコンテンツを掲載することが大切です。例えば、楽しい動画やインフォグラフィックなどです。

モバイルに対応していない

近年では、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末からホームページにアクセスするユーザーが増加しています。モバイルに対応していないホームページは、スマートフォンやタブレットからのアクセスを阻害することになり、ユーザーにとって不便な状況を生み出ます。

モバイルに対応するためには、以下のようなポイントに注意する必要があります。

・レスポンシブデザインを採用する:レスポンシブデザインを採用することで、モバイル端末の画面サイズに合わせて自動的にレイアウトが変化するため、ユーザーが快適に閲覧できるようになります。
・画像や動画の容量を軽くする:モバイル端末での閲覧時には、通信速度が遅い場合があるため、画像や動画などの容量を軽くすることが大切です。
・モバイル端末での操作性を確認する:モバイル端末での操作性を確認することで、ユーザーがスムーズにページを閲覧できるようになります。

まとめ

ホームページを制作する際には、以上のような失敗を避けることが大切です。訪問者が快適にページを閲覧できるように、デザインやコンテンツの品質にも注意を払いましょう。また、モバイルにも対応することで、より多くのユーザーにアクセスしてもらえるようになります。せっかく時間、コストをかけて制作したホームページで、失敗したと思わないよう、いくつかのポイントを押さえた上で構築しましょう。

では、今回はここまでです。

また別の記事でお会いしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

銀行員時代に支店長に言われた「何でもできる奴は何もできない奴」を絵に描いたような性格。知財検定、危険物、電気工事士などの資格を取得し、料理、カメラ、ブログ作成、動画編集と、思い立ったものは何でも趣味でやっています(笑)

コメント

コメント一覧 (1件)

目次