ホームページの制作期間について

ホームページ制作期間のサムネ

ホームページの制作期間は多くの要素が絡んでいるため、一概に言及することは難しい部分があります。プロジェクトの規模や複雑さ、その企業規模、サイトを構成するコンテンツに大きく左右されます。

今回は一般的なホームページの制作期間や目安、その流れについて解説します。

目次

ホームページ制作期間の内訳

ヒアリング・要件定義

ホームページの制作の最初のステップはクライアントとのヒアリング・要件定義です。クライアントの要望やビジネスの目的、ターゲット層などを把握し、それを元にホームページの設計図(ワイヤーフレーム)を作成します。この工程はプロジェクトの規模によっては1週間程度で済むこともありますが、クライアントの要求が複雑であったり、プロジェクトの規模が大きい場合には、1カ月程度かかることもあります。

デザイン・コンセプトの決定

次に、ホームページのデザイン・コンセプトを決定します。クライアントが求めるイメージやブランドのイメージに合わせたデザインを考え、それを元にデザイン案を作成します。この工程では、デザイナーが主導することが多く、1週間から2週間程度かかることが一般的です。

コーディング

デザイン案が決まったら、次はコーディングです。HTMLやCSSなどのコーディング言語を使用して、実際にホームページのデザインを実装していきます。この工程は、デザインの複雑さやコーディングのスキルレベルによって異なりますが、一般的には2週間から1カ月程度かかることが多いです。

コンテンツの作成・編集

ホームページに掲載するコンテンツ(文章や画像、動画など)を作成・編集します。クライアントが持っているコンテンツを活用する場合には、この工程が短くなる場合もありますが、新しいコンテンツを設ける場合は、それらの素材(画像や動画など)を撮影・編集する必要があるため、一般的には1週間から2週間程度ですが、それ以上の期間を要する場合があります。

テスト・修正

完成したホームページについて、動作確認やブラウザの互換性テストを行います。クライアントからのフィードバックを受けて修正を行うこともあります。この工程は一般的には1週間程度です。

公開・納品

最後にホームページを公開し、クライアントに納品します。この工程は1日、2日程度ですが、サーバーやドメインの設定によっては時間がかかることもあります。

まとめ

以上のような流れでホームページを制作する場合、一般的な機関の目安は2カ月から3カ月程度です。ただし、プロジェクトの規模や複雑さ、クライアントの要求によっては期間が短くなったり、長くなったりします。

また、クライアントとのコミュニケーションやフィードバックのやり取りが円滑に進まない場合には、期間が延びるケースがあります。そのため、プロジェクトをスムーズに進めるためにも、クライアントとのコミュニケーションを大切にすることが重要です。

ホームページ制作業者とクライアントとのコミュニケーションの重要性については過去記事にあります。
よろしければご覧ください。

過去記事:ホームページ制作会社を選ぶ時の”7つ”の注意点

さらにホームページ制作期間を短縮するためには、以下のような方法があります。

・ワイヤーフレームの作成やデザイン案の決定をスピーディーに行う
・コーディングやコンテンツの作成をアウトソーシングする
・クライアントとのコミュニケーションを円滑にするため、プロジェクト管理ツールを利用する

ホームページの制作期間はプロジェクトの規模、複雑さ、クライアントからの要求によって異なりますが、以上のような期間の目安を知っておくこと、それを短縮する方法を認識しておくことで、効率的なホームページ制作が可能になります。

今回の記事は以上です。

また、別の記事でお会いしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

銀行員時代に支店長に言われた「何でもできる奴は何もできない奴」を絵に描いたような性格。知財検定、危険物、電気工事士などの資格を取得し、料理、カメラ、ブログ作成、動画編集と、思い立ったものは何でも趣味でやっています(笑)

目次