ホームページの目的の明確化について

ホームページの目的の明確化のサムネ

ホームページの目的を明確化することはホームページを開設するにあたりとても重要な要素です。目的が明確であれば、コンテンツの制作や設計、プロモーションの方法などを決定する上で非常に役立ちます。初めてホームページを開設する場合、ホームページに表示する内容は自社で展開する製品やサービス、自社の歴史など様々かと思いますが、あれこれと表示することで本来の目的を見失い、何となくぼんやりとしたホームページが完成してしまうケースがあります。これにより、訪問者にその目的を明確に伝えることができず、訴求したいないようがぼやけてしまうことになれば意味を失ってしまいます。

そうならないために、ホームページの目的を明確化するための手順をいくつか紹介します。

目次

ホームページの目的を明確化するための方法

目的を考える

まずは、自社の目的を考えましょう。ホームページを作る目的は何でしょうか?商品・サービスの販売や宣伝、ブランドイメージの向上、情報発信など、目的は様々です。自社の目的に合わせて、ホームページの目的を明確にすることが大切です。
先にも触れましたが、どれも強調したい気持ちを抑え、自社で一番強調したい内容を前面に押し出すことが重要です。

ターゲットを設定する

次に、ホームページのターゲットを設定しましょう。誰に向けてホームページを作るのか、そのターゲットがどのようなニーズを持っているのか、どのような情報を求めているのかを考えることが大切です。ターゲットに合わせたコンテンツやデザインを制作することで、ユーザーの興味を引き付けることができます。

ホームページの目的を明確化するためのターゲット

ゴールを設定する

ホームページに設定するゴールを決定しましょう。ゴールは、ホームページにアクセスしたユーザーがどのような行動をとることを望むかによって異なります。例えば、商品の購入や問い合わせフォームの送信、資料ダウンロードなど、ゴールを明確にすることで、ユーザーの行動につながるようなコンテンツを作成することができます。
しかしながら最終的に訪問者にしてもらいたい行動の要請はホームページで行うより、LP(ランディングページ)で行ったほうが何倍も効果があります。これについては過去の記事で少し触れていますので、よろしければご覧ください。

過去記事:ホームページの構成について

また、ランディングページの具体例をご覧になる場合、ランディングページが集約されたサイトがありますので、併せてご覧ください。

ランディングページ例

引用:http://lp-web.com/

見直しを行う

目的やターゲット、ゴールを設定した後は、見直しを行いましょう。設定した目的やターゲット、ゴールが現実的であるか、明確かどうかを確認することが大切です。この際、企業側の視点ではなく、訪問者側の視点に立って見ることが重要です。訪問者の心理が分からなければ、自社の自己満足だけのサイトとなり、設定したゴールまで訪問者が到達できない可能性が高くなってしまいます。

ライバルサイトの分析

自社が作成しようとしているサイトの目的を明確化するためには、同じような分野のライバル企業のサイトを分析してみるのが有効です。ライバルサイトとは、同じ分野のサイトや同じターゲット層を狙ったサイトなどです。ライバルサイトを分析することで、自社が作成しようとしているサイトに求められる要素や、ライバルサイトがどのようなアプローチをしているかを知ることができます。

具体的な分析項目としては、以下のようなものがあります。

分析する内容

・サイトのデザインやカラー
・コンテンツの種類や量
・サイトの機能や使いやすさ
・サイトのSEO対策やSNS活用

分析した結果、ライバルサイトが強みとする部分と自社が目指すべき部分が分かれば、自社のサイトの目的も明確化されやすくなります。

自分の得意分野や専門性の確認

自社が作成しようとしているサイトの目的を明確化するためには、自社の得意分野や専門性を確認しておくことが大切です。自社が得意なことや専門性があることを活かすことで、自社のサイトの強みとなるコンテンツやアプローチを考えることができます。例えば、自社が提供している商品やサービスに関する知識を活かして、その分野に特化したサイト、ページを作成することが考えられます。

まとめ

ホームページを開設するにあたって、目的を明確化することは非常に重要です。自社のサイトが何を目的としているかを明確にすることで、サイトの方向性が定まり、効果的なコンテンツ作成や集客、収益化などが可能となります。また、目的の明確化には、自社の得意分野、ライバルサイトの分析などを踏まえて考えることが重要です。しっかりと目的を明確化して、ホームページ作成に取り組みましょう。

今回はここまでです。

また別の記事でお会いしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

銀行員時代に支店長に言われた「何でもできる奴は何もできない奴」を絵に描いたような性格。知財検定、危険物、電気工事士などの資格を取得し、料理、カメラ、ブログ作成、動画編集と、思い立ったものは何でも趣味でやっています(笑)

コメント

コメント一覧 (3件)

目次