ホームページの記事のネタってどうやって探すの?

ホームページの記事のネタ探しのサムネ

ホームページに記事を書くときには、読者が関心を持つことや知りたいことに焦点を当てる必要があります。そのためには、どのようにして良いネタを見つけるかが重要なポイントです。

ホームページは更新が重要だと以前、記事にしました。

過去記事:ホームページを更新する重要性について

でも、更新する情報が薄かったり、特筆すべき情報がない場合、記事のネタに困ることが起こるかも知れません。そんなときのヒントになればと、ホームページの記事のネタを見つけるためのコツをいくつか紹介します。

目次

ホームページの記事の探し方

記事の目的を明確にする

ネタを探す前に、まず記事の目的を明確にしましょう。記事の目的がはっきりしていると、何を書くべきかが明確になります。たとえば、企業のホームページであれば、商品やサービスの紹介や特徴を説明する記事が多いでしょう。その場合、読者が知りたい情報や疑問点を考え、それに対する回答を記事にすることが大切です。

読者の関心事を知る

記事を書くためには、読者が関心を持つことを知ることが重要です。企業の場合は、顧客やターゲット層のニーズを把握することが必要です。一方、個人ブログの場合は、自分の興味や専門分野に基づいて記事を書くことが多いでしょう。

例えば、企業のホームページであれば、製品やサービスに関するアンケート調査やフィードバックを集めることができます。また、SNSやフォーラム、クチコミサイトなどで、顧客がどのような疑問点を持っているかを調べることもできます。これらの情報をもとに、読者が関心を持つことを把握しましょう。

トレンドやニュースをチェックする

トレンドやニュースに目を向けることで、新しいネタを見つけることができます。ニュースサイトやSNSなどで、注目されている話題を調べることができます。また、自分(記事作成担当者)が興味を持っている分野の専門サイトやブログを定期的にチェックすることも有効です。

ホームページの記事のネタは新聞がヒントになるかも
大手新聞サイトからもヒントを得られるかも

https://www.asahi.com/

自分の経験や知識を活かす

自分が持っている経験や知識を記事にすることもできます。自分が実際に経験したことや、興味を持っている分野について深堀りし、その内容を記事にするのも1つの方法です。

いくつか例を挙げてみましょう。

・自社の専門分野についての情報を発信する

自社が専門とする分野について、より詳しく説明する記事を書くことで、読者からの信頼度が高まります。また、自社のノウハウを共有することで、他の人からのフィードバックや新しい情報を得ることもできます。

・自分が体験したことを記事にする

自分が実際に体験したことを記事にすることで、読者からの共感や共感を得ることができます。自分が体験したことは、これから同じ体験をしたいと思っている人がいます。そういった人たちに向けた記事を作成することで、サイトのファンの増加が期待できます。

ホームページの記事のネタ探し

・業界のトレンドやニュースについての記事を書く

自分が興味を持っている業界のトレンドやニュースについての記事を書くことで、読者に最新の情報を提供することができます。また、自分が専門とする分野の業界ニュースについても同様です。そして、業界のニュースやトレンドは国内だけではありません。今では翻訳ツールが手軽に使えますので、海外のニュースサイトからの情報を元に、記事を作成してみるのも1つの方法です。

・顧客からのフィードバックに基づいた記事を書く

顧客からのフィードバックに基づいた記事を書くことで、顧客のニーズに合った情報を提供することができます。また、顧客の要望や問題点を解決することで、顧客からの信頼度を高めることができます。

ホームページの記事のネタはフィードバックをヒントにできる

以上のように、ホームページ記事のネタを見つけるためには、読者の関心事を把握することが重要です。そのためには、トレンドやニュースをチェックすることや自分自身が持っている知識や経験を活かすことが有効です。また、顧客のフィードバックやアンケート調査を行うことも重要です。これらの方法を組み合わせながら、魅力的で役に立つ記事を書くことができるでしょう。

さらに、ネタの見つけ方には以下のような方法もあります。

・キーワード検索を活用する

自分が興味を持つ分野や業界に関連するキーワードを検索して、トレンドや最新情報を調べることができます。また、自分が興味を持っているテーマに関するブログやニュースサイトを定期的にチェックすることも重要です。もしかしたら記事のヒントになるサイトがあるかも知れません。

・SNSやコミュニティを利用する

自分が興味を持つ分野や業界のSNSやコミュニティに参加し、情報交換をすることができます。また、そこで得た情報やフィードバックをもとに、記事のアイデアを得ることもできます。特定の分野に特化したコミュニティは、自分以上に知識や経験を持っている人がいるはずです。そういった場で情報収集しましょう。

・自分の周りの人の意見を聞く

自分の周りには、さまざまな職業や興味を持つ人がいます。彼らと話をすることで、新しい視点やアイデアを得ることができます。その新しい視点やアイデアと自分の持っている知識を組み合わせることによって、新しい発想が生まれる可能性があります。例え得た情報の分野が違っていたとしても、それは記事作成に有益な情報かも知れません。そういった情報に耳を傾けることが案外重要なことだったりしますので、試してみてください。

まとめ

以上のように、ホームページ記事のネタを見つけるためには、自社の専門分野や記事作成担当者が興味を持つ分野や業界について、情報を積極的に集めることが必要です。また、読者の関心事やニーズに合わせて、役に立つ情報を提供することが重要です。これらの方法を駆使して、ホームページの記事を充実させていきましょう。

今回はここまでです。

また別の記事でお会いしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

銀行員時代に支店長に言われた「何でもできる奴は何もできない奴」を絵に描いたような性格。知財検定、危険物、電気工事士などの資格を取得し、料理、カメラ、ブログ作成、動画編集と、思い立ったものは何でも趣味でやっています(笑)

コメント

コメント一覧 (2件)

目次