ライティングテクニックの重要性について

ライティングテクニックのサムネ

ライティングテクニックを使いこなすことで、より魅力的なコンテンツを作成することができます。ホームページは、インターネット上で企業や個人が自己紹介や情報提供を行うための非常に重要なツールです。しかし、単にホームページを作成しても、訪問者を惹きつけたり、興味を持たせることはできません。そのため、魅力的なコンテンツを作成することが不可欠となります。

今回は、ホームページのコンテンツ作成に必要なライティングテクニックについて解説します。ライティングテクニックを理解し、実践することで、より効果的なコンテンツを作成できるようになります。深く理解し、実践することで、読者にとって価値のあるコンテンツを提供し、ブランドの信頼性を高めることができます。

目次

読者を引き込むタイトルのポイント

まず、タイトルについて解説します。本文がどれだけ魅力的でも、タイトルに求心力がなければ、本文が読まれることなくサイトから離脱されてしまします。これを防ぐために、どのようなタイトルを付けたら良いのか、いくつかのポイントを挙げます。

興味を引く

タイトルは、読者の関心を引くことが必要です。読者が探している情報や、興味を持っているトピックに関連するキーワードを含むタイトルが好まれます。

見出し調

タイトルは、見出し調にすることで、読みやすくなります。短く簡潔なタイトルが好まれます。構成上、タイトルが長くなってしまうようなら、サブタイトルを設けてみましょう。

具体的で明確

タイトルは、具体的で明確にすることで、読者が記事の内容を予想しやすくなります。タイトルには、記事の内容やメッセージが反映されている必要があります。

強調する

タイトルに強調する表現を使うことで、読者の興味を引きやすくなります。例えば、「5つのコツ」、「最高の方法」、「絶対に知っておくべきこと」などの表現を使うと、読者が興味を持ちやすくなります。単語として強めの印象を与えるもの、奇数の数字を使うことで、尖った印象を与えることができます。

タイトル作成方法の例

ライティングテクニックの中で、タイトルの作成方法にもポイントがあります。上に挙げたいくつかの特徴を元に、どういった作成方法があるのかを挙げてみました。

驚きのあるタイトル

「意外な事実が判明!」、「あなたの知らない○○の真実」といった、驚きのあるタイトルは、読者の興味を引きます。ただし、あからさまな誇張やうそは避けるようにしましょう。

驚きのイメージ

「ハウツー」形式のタイトル

「〜のやり方」「〜のコツ」といった、ハウツー形式のタイトルは、読者が求めている情報を伝えることができます。具体的な手順や方法を紹介する記事の場合は、このようなタイトルが効果的です。

一緒に考えるタイトル

「一緒に考えよう」といった、読者と一緒に考えるタイトルは、読者の興味を引きます。例えば、「あなたの将来について考えてみませんか?」、「みんなで考える○○の問題」といったタイトルが該当します。

これらの例を参考にして、あなた自身が記事のタイトルを考える際にも活用してみてください。ただし、読者を欺くような誇張やうそは避け、タイトルと記事の内容が合致するように注意しましょう。

読者を惹きつけるストーリーテリングの方法

ライティングテクニックで、ストーリーテリングという手法があります。この手法は一度は見たことがあるかと思いますが、改めて認識することで理解が深まります。では、どういった役割を果たすものなのかといったことを解説していきます。

ストーリーテリングの重要性と役割

ストーリーテリングとは、物語を作り上げて伝える技術のことであり、商品やサービスの宣伝から、自己紹介、プレゼンテーションまで、様々なシーンで用いられます。それぞれのシーンにおいて、伝えたい内容をストーリー化することで、相手に深く印象付けることができます。

ストーリーテリングは、伝えたいことを相手に「伝える」だけではなく、「共感してもらう」「記憶に残す」といった効果が期待できます。人間は、物語を聞くことで、物語の中の登場人物に自分を重ね合わせることができます。そのため、ストーリーを聞いた相手は、自分自身が主人公であるかのように感じ、深い共感を抱くことができます。また、物語は脳に強い印象を与え、長期記憶に残りやすくなっています。

ストーリーテリングの基本要素

ストーリーテリングには、以下のような基本要素があります。

主人公

ストーリーの中心となる登場人物です。誰に対して物語を語るのか、どのような目的を持っているのか、などを明確にすることが大切です。この部分についてはあらかじめペルソナ設定をしておいて、その設定に基づいたストーリーを展開することにしましょう。

関連記事:ペルソナとは?-マーケティングの基礎-

目的

物語の中で主人公が達成したい目的や、何を得たいと考えているのか、といった要素です。目的があることで、読み手は主人公に共感し、物語に引き込まれることができます。

場面

ストーリーが展開する場所や時間などです。場面が明確になることで、読み手は物語の情景を想像しやすくなります。

障害

主人公が目的を達成するために立ちふさがる問題や困難です。障害を設けることで、読み手は主人公とともに物語の展開を追体験することができます。

障害のイメージ

解決策

主人公が障害を乗り越えるために取った行動や、物語の結末などです。解決策が示されることで、読み手は物語を完結させることができます。

ストーリーテリングの活用例

ストーリーテリングは、ホームページの様々な場所で活用することができます。以下に、ストーリーテリングを活用する際の例をいくつか紹介します。

ライティングテクニックーストーリーを定めるー

トップページのストーリー

ホームページのトップページには、自社のビジョンやメッセージを表現するストーリーを掲載することができます。自社のビジョンやミッションをストーリーとして表現することで、訪問者に会社の方向性や理念を伝えることができます。

商品やサービスの紹介

ストーリーテリングを活用して、商品やサービスの魅力を訴求することができます。例えば、商品の開発ストーリーやサービスの利用シーンをストーリーとして表現することで、訪問者に商品やサービスの魅力を伝えることができます。

ブログ記事のストーリー

企業のブログ記事にもストーリーテリングを活用することができます。自社の製品やサービスの使い方をストーリーとして表現することで、訪問者にとって役立つ情報を提供することができます。

メンバー紹介のストーリー

社員紹介ページにもストーリーテリングを活用することができます。社員一人一人のストーリーを紹介することで、訪問者に企業の人間性や文化を伝えることができます。

以上のように、ストーリーテリングは様々な場面で活用することができます。企業が訴求したいメッセージや情報をストーリーとして表現することで、訪問者に強い印象を与えることができます。

まとめ

ライティングテクニックについては、今回紹介した代表的なポイント以外にも様々な方法があります。まずはメインの方法を用いて繰り返し記事を作成することで基本を身に付け、そこから少しずつ幅を広げていくと、よりライティングテクニックとして定着していくはずです。

今回はここまでです。

また別の記事でお会いしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

銀行員時代に支店長に言われた「何でもできる奴は何もできない奴」を絵に描いたような性格。知財検定、危険物、電気工事士などの資格を取得し、料理、カメラ、ブログ作成、動画編集と、思い立ったものは何でも趣味でやっています(笑)

目次