ランディングページの作成方法とその準備

ランディングページのサムネ

ランディングページは、Webサイト上で商品やサービスを販売する際に、最も重要なページの1つです。ランディングページは、コンバージョン率を高めるために特別に設計されており、訪問者を誘導して購入や登録、お問い合わせなどのアクションを取ってもらうことが目的です。

今回はランディングページを作成する前の準備と、ランディングページの作成の仕方について具体例を交えて解説します。

目次

【準備編】

まずは、作成にあたっての準備について書いていきます。

目的とターゲットを明確化する

ランディングページを作成する前に、そのページで何を達成したいのか、目的を明確化することが必要です。例えば、商品の購入、メールマガジンの登録、お問い合わせなど、目的を明確にすることで、ページの構成やコンテンツを決定することができます。また、どのような人にアピールするのか、ターゲットを明確化することも重要です。

関連記事:ペルソナとは?-マーケティングの基礎

デザインのコンセプトを決定する

ランディングページのデザインは、訪問者に与える印象を左右する重要な要素の1つです。デザインのコンセプトを決定する前に、目的やターゲットに合わせた配色、フォント、写真やイラストのイメージを考えましょう。また、ページのレイアウトやボタンの配置などもデザインのコンセプトに合わせて決定することが必要です。

コンテンツを準備する

ランディングページには、商品やサービスの説明や特徴、価格、口コミなどの情報を記載する必要があります。また、訪問者を誘導して目的を達成するためのコンテンツも必要です。例えば、CTA(Call To Action)と呼ばれるボタンやリンク、お問い合わせフォームなどが挙げられます。

ランディングページの入力フォーム

SEO対策を考慮する

ランディングページを作成する際には、SEO対策も考慮する必要があります。ランディングページをSEO対策することで、検索エンジンからのアクセスを増やすことができます。その一方で、ランディングページを特別なページと位置付けた場合、ランディングページに対して何かしらの広告を打つことで、SEO対策から除外する方法もあります。つまり、ランディングページはある特定の目的に沿った専用のページのため、SEOを意識するとページ内のコンテンツがぼやけてしまうことがあるからです。この点はランディングページの使い方によって分かれる部分です。

【作成編】

ランディングページの構成を決定する

ランディングページの構成は、デザインのコンセプトや目的に合わせて決定する必要があります。一般的には、ヘッダー、メインコンテンツ、CTA、お問い合わせフォーム、フッターなどの要素が含まれます。特に、メインコンテンツは、商品やサービスの説明や特徴を簡潔にまとめたものが効果的です。また、ヘッダー部分には強烈なキャッチコピーが必要で、行動の要請までは可能な限り離脱者を出さない構成にする必要があります。

コンテンツを作成する

ランディングページに掲載するコンテンツは、準備編で作成したものを元にして作成することが多いです。商品やサービスの説明や特徴を簡潔にまとめ、価格や特典などの情報も明確に掲載するようにしましょう。その中には実際に商品、あるいはサービスの提供を受けた顧客の感想、実体験など、消費者目線(ターゲット層と同じ目線)でのお困りごとがこの商品、サービスで解決した経緯が示されている必要があります。また、その商品、サービスの開発経緯(どんな苦労があったのか、など)があると、共感を得られることがあります。また、訪問者を誘導して目的を達成するためのコンテンツも必要です。例えば、CTAボタンやお問い合わせフォームは、目立つ位置に配置しておくことが大切です。

デザインを作成する

デザインは、ランディングページの印象を左右する重要な要素の1つです。デザインのコンセプトに合わせて、配色やフォント、画像などを選定しましょう。また、ページのレイアウトやボタンの配置などもデザインに合わせて決定することが必要です。デザインは、訪問者にとって見やすく、魅力的なものにすることが大切です。20代の女性をターゲットにした場合、可愛らしいデザインやピンク色を使用するなど、女性らしい印象を与えるようなデザインを作成します。また、ページのレイアウトはシンプルで見やすくするようにし、CTAボタンやお問い合わせフォームなども目立つ位置に配置します。

まとめ

以上が、ランディングページの作成手順の一例です。目的やターゲットを明確にし、訪問者にとって魅力的なコンテンツやデザインを作成することが大切です。また、一番重要なのは、ターゲットに目的の行動をとってもらうのがランディングページの本来の目的です。記載した内容でターゲット層が誘導されるのかどうかを何度も確認してください。

では、また別の記事でお会いしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

銀行員時代に支店長に言われた「何でもできる奴は何もできない奴」を絵に描いたような性格。知財検定、危険物、電気工事士などの資格を取得し、料理、カメラ、ブログ作成、動画編集と、思い立ったものは何でも趣味でやっています(笑)

目次