競合と差別化!サイトのランキングを上げる方法

競合と差別化を図る記事のサムネ

Webサイトを構築する際に、多くの人がSEO対策に力を入れます。ところが、SEO対策をしているにもかかわらず、Webサイトのランキングが上がらない場合があります。これには様々な理由があります。例えば、自社以上に競合がSEO対策に力を入れている、競合のサイトの方がコンテンツが充実している、自社は後発のビジネスのため、まだ認知度が低い、といった感じです。では、少しでもランキング上位を狙うため、あるいは競合と差別化を図り、自社のサイトが検索上位に表示させるためにはどうしたら良いのでしょうか。

今回は競合との差別化に着目し、SEOでWebサイトのランキングを上げる方法について解説します。

目次

競合との差別化を図る方法

【競合と差別化】

Webサイトの競合とは、同じ業界・ジャンルで同じターゲット層を対象とするサイトのことです。インターネットが今ほど普及していない時代であれば、競合は商圏が被る同じ地域だけでしたが、現在では全国的に競合が存在すると言っても過言ではありません。その中で競合との差別化を図る必要があります。差別化の方法は様々ですが、いくつか紹介します。

・コンテンツの質を高める

競合と同じ内容のコンテンツではなく、より深い情報を提供することで、ユーザーの興味を引くことができます。また、同じコンテンツであったとしても、違った視点からコンテンツを捉えることにより、別のコンテンツに見せることも可能です。

・デザインの工夫

競合とは違った、独自のデザインを取り入れることで、印象的なWebサイトにすることができます。例えば、競合が色鮮やかなサイトデザインだった場合、自社サイトはモノトーンを基調とするデザインにする方法があります。また、自社サイトに動画を挿入し、ビジュアル面でユーザーの目を引くデザインにしても良いかも知れません。

・ユーザビリティの向上

ユーザーがWebサイトを利用しやすいように、シンプルな構成や分かりやすいナビゲーションなど、ユーザビリティに配慮したWebサイトを作成することが重要です。ここでも競合がどのような構成になっているかをチェックし、その使い勝手の悪い部分を自社サイトでは使い勝手を良くすることで差別化を図ることもできます。

・SNSやブログなどでの情報発信

SNSやブログなどで、自社のWebサイトをアピールすることで、競合との差別化を図ることができます。流行に敏感な企業は普及しているSNSに着手しているかと思いますが、着手していないSNSがあれば自社は着手する。また、競合の情報発信頻度もチェックし、差別化を図りましょう。

【SEO対策と差別化のバランス】

Webサイトの競合と差別化に重点を置くことは大切ですが、SEO対策も忘れてはなりません。適切なSEO対策を行うことで、Webサイトのランキングを上げることができます。しかし、SEO対策に集中しすぎると、Webサイトの個性が失われ、差別化ができなくなる場合があります。そのため、SEO対策と差別化のバランスを考えながら、Webサイトを構築することが必要です。

【SEO対策の基本】

SEO対策の基本は、以下の通りです。何度かこの内容を記事にしていますので、概要を記載します。よろしければ関連記事もご覧ください。

関連記事:ブログ記事のSEO対策に必要なテクニックとポイント

・適切なキーワードの選定

自社のWebサイトが表示される検索キーワードを適切に選定することが重要です。自社の強みや特徴を反映したキーワードを選ぶことで、ユーザーの検索意図に沿ったコンテンツを提供できます。

・メタ情報の最適化

タイトルタグやメタディスクリプションなどのメタ情報を適切に最適化することで、検索エンジンが自社のWebサイトを正しく評価することができます。

・内部リンクの設定

自社のWebサイト内でのページのリンク構造を整えることで、検索エンジンが自社のWebサイト内のコンテンツの関連性を正しく評価することができます。

・外部リンクの獲得

自社のWebサイトへの外部からのリンクを獲得することで、検索エンジンが自社のWebサイトの信頼性を高く評価することができます。

これらのSEO対策に加え、競合と差別化を考えながらコンテンツを作成し、ユーザーにとって有益な情報を提供することが、Webサイトのランキングを上げるために重要です。

まとめ

競合が激しい市場において、Webサイトの差別化はSEO対策に欠かせません。コンテンツの質を高めたり、独自のデザインを取り入れたり、ユーザビリティに配慮したり、SNSやブログなどで情報発信することで、競合との差別化を図ることができます。しかし、競合もそれらの対策を講じている可能性もあります。競合にどこか弱みや抜けている部分があれば、自社はその点を補完する形で対策を講じることで、ランキングを上げることができる可能性が高くなります。

また、SEO対策も忘れてはなりません。適切なキーワード選定やメタ情報の最適化、内部リンクの設定、外部リンクの獲得など、SEO対策の基本を行うことで、Webサイトのランキングを上げることができます。SEO対策と差別化をバランスよく行い、ユーザーにとって有益な情報を提供することが、Webサイトの成功に繋がります。

それでは今回はここまでです。

また別の記事でお会いしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

銀行員時代に支店長に言われた「何でもできる奴は何もできない奴」を絵に描いたような性格。知財検定、危険物、電気工事士などの資格を取得し、料理、カメラ、ブログ作成、動画編集と、思い立ったものは何でも趣味でやっています(笑)

コメント

コメント一覧 (2件)

目次