記事作成に必要な時間は?

記事作成に必要な時間のサムネ

記事作成に必要な時間は、その記事の長さや内容によって異なりますが、多くの場合、予想以上に時間がかかることがあります。記事を作成する過程で、テーマに関する内容を深堀りするため、詳しい資料が必要になったり、ひょっとしたら記事を作成しながら迷子になるかも知れません。時間がかかる要因は色々あるものの、それらは適切な時間管理の方法を実践することで、効率的かつ品質の高い記事を作成することができます。

目次

効率的に記事を作成する方法

目標を設定する

まずは、どの程度の長さの記事を書きたいのか、何について書くのか、何日までに完成させたいのかといった目標を明確に設定しましょう。

スケジュールを立てる

目標に基づいて、具体的なスケジュールを立てます。作業に必要な時間を見積もり、その時間をカレンダーやスケジュール表に反映させ、作業時間を確保しましょう。

作業環境を整える

作業環境を整えることで、集中力を高めることができます。音楽や照明、机の整理整頓など、自分にとって快適な環境を整えるようにしましょう。いわゆる、「新しい生活様式」が定着し始め、働く場所に関しても以前のように「事務所の机」で、という時代ではなくなりました。このことで記事を書く場所は屋内ではなく、どこかの公園であったり、おしゃれなカフェかも知れません。いずれにしても、自分が記事を書くのに適した場所で行うことが容易になりました。

アウトラインを作成する

記事の構成を決めるために、アウトラインを作成しましょう。アウトラインには、記事の見出しや段落の内容、引用文などを含めます。この作成したアウトラインに沿って、文章を構築していく恰好になります。

ラフなドラフトを作成する

アウトラインに基づいて、ラフなドラフトを作成します。この段階では、文章の流れや構成を重視し、細かい表現や文法のチェックは後回しにします。

編集を行う

ドラフトを完成させたら、編集を行います。文章の流れや構成を再度確認し、細かい表現や文法のミスを修正します。編集段階で完成に近い形での記事に仕上げます。

最終チェックを行う

最後に、文章に誤りがないか、記事の目的に合致しているか、タイトルと内容が一致しているかを確認し、最終チェックを行いましょう。記事作成者と同一人物が最終チェックを行うと、文章の誤りが発見できない可能性が高くなるため、可能であれば作成者以外の第三者に最終チェックしてもらうと良いでしょう。

以上が、効率的かつ品質の高い記事を作成するための時間管理の方法です。

まとめ

どれくらいのボリュームの記事を書くか、どういった内容の記事を書くかによって記事作成に必要な時間は大きく異なります。一般的なブログの場合、3,000文字程度であれば2,3時間が一般的なようですが、それも記事作成に慣れているか、そうでないかによって大きく異なります。大事なのは1つの記事が完成するまでの時間ではなく、その記事がどれだけ読者にとって有益なものかどうか、です。

効率的に記事を書くことができれば、それだけ質の高い記事が量産できるため、SEOの観点からしても大きなメリットがあります。しかし、最初から効率的に記事を書くことは無理があります。まずは上で示したような一連の流れをスムーズに行うことができるようになり、1つ1つの経験を積み重ねることによって、それぞれに必要な時間が短縮されるイメージです。まずは、時間ではなく、記事の内容、記事の質に重点を置いて作成しましょう。

それでは今回はここまでです。

また別の記事でお会いしましょう。

関連記事:ホームページの記事のネタってどうやって探すの?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

銀行員時代に支店長に言われた「何でもできる奴は何もできない奴」を絵に描いたような性格。知財検定、危険物、電気工事士などの資格を取得し、料理、カメラ、ブログ作成、動画編集と、思い立ったものは何でも趣味でやっています(笑)

コメント

コメントする

目次