SEO対策の歴史について

SEO対策の歴史についてのサムネ

SEO対策の歴史について触れる前に、SEO対策について軽く触れておきます。SEO対策とは、検索エンジン最適化のことで、自社のWebサイトが検索エンジン上位に表示されるようにすることを目的としたマーケティング手法の一つです。SEO対策は、GoogleやYahoo!などの検索エンジンが登場した1990年代から始まりました。

当サイトも過去に「SEOで集客するホームページの作り方」と題して記事にしたこともあります。今やホームページは作るだけではなく、いかに作成したホームページを検索上位にアップさせるかが重要な要素になっています。

過去記事:SEOで集客するホームページの作り方

今回は、SEO対策の歴史について例を交えながら解説します。

目次

SEO対策の歴史―年代別―

1990年代〜2000年代初頭

Metaタグの利用

検索エンジンが登場した当初は、Webサイトの数が少なく、競合するサイトの数も少なかったため、SEO対策はあまり意識されていませんでした。しかし、Webサイト数が増え、競争が激化すると、Webサイトの検索エンジン上位表示を目指すSEO対策が重要になりました。

当時のSEO対策では、Metaタグを利用することが主流でした。Metaタグは、WebページのHTMLのタグ内に書かれるタグで、検索エンジンに対してWebページの説明やキーワードなどを伝えることができます。Metaタグにキーワードを多く含めることで、検索エンジンにとって重要なWebページとして認識され、検索結果上位に表示されるようになりました。

SEO対策の歴史の中のメタタグについて
検索最大手 Googleのmetaタグについての解説

https://developers.google.com/search/docs/crawling-indexing/special-tags?hl=ja

2000年代中頃〜2010年代初頭

リンクの重要性が注目される

2000年代中頃からは、リンクの重要性が注目されました。リンクは、他のWebサイトから自社のWebサイトへのリンク(外部リンク)と、自社のWebサイト内のリンク(内部リンク)の両方が重要です。

外部リンクは、自社のWebサイトが他のWebサイトから参照されていることを示し、検索エンジンにとって自社のWebサイトが信頼性が高いと判断されるようになりました。一方、内部リンクは、Webサイト内でのページの関連性を示し、ユーザーがWebサイト内を効率的に移動できるようにする役割があります。

この頃からは、リンクの質が重要視されるようになり、他のWebサイトからのリンクが多いだけでなく、そのリンク元のWebサイトが信頼性が高い場合、リンクの効果が高まりました。

2010年代中頃〜現在

コンテンツの質が重要視される

2010年代中頃以降は、検索エンジンはより質の高いコンテンツを求めるようになり、SEO対策もコンテンツの質に重点が置かれるようになりました。検索エンジンがコンテンツの質を評価する基準として、以下のような指標が注目されるようになりました。

SEOの評価対象となる内容

1・ユーザビリティ

Webサイトのユーザビリティが高い場合、検索エンジンはユーザーにとって有用なWebサイトとして評価し、検索結果上位に表示されるようになります。ユーザビリティを高めるためには、ページの読み込み速度を高速化し、ナビゲーションを簡単にするなど、ユーザーがWebサイトを利用しやすいようにすることが重要です。

2・コンテンツの質

検索エンジンは、コンテンツの質を評価するために、キーワードの密度だけでなく、キーワードと関連性の高い文章、画像、動画、音声などを含むコンテンツを評価します。また、Webサイトのトピックや分野について、深く詳細な情報が提供されていることも評価されます。コンテンツの質を高めるためには、専門家が執筆した記事を掲載するなど、正確かつ信頼性の高い情報を提供することが重要です。

3・モバイルフレンドリー

検索エンジンは、モバイルデバイスからアクセスするユーザーの利用性を評価するようになり、モバイルフレンドリーなWebサイトが検索結果上位に表示されるようになりました。モバイルフレンドリーなWebサイトは、モバイルデバイスからアクセスしても、画面サイズやレイアウトが適切に表示されるようになっているため、ユーザーがWebサイトを利用しやすいことが評価されます。

モバイルフレンドリーについてはこちらの記事をご覧ください。

過去記事:ホームページにデザイン性を持たせるための方法

以上のように、SEO対策の歴史は検索エンジンの進化に伴い、検索エンジンが重視する要素が変化しています。現在では、検索エンジンが利用者にとって最適な情報を提供するために、コンテンツの質やユーザビリティ、モバイルフレンドリーなど、多角的な要素が重要視されるようになっています。また、近年では人工知能や自然言語処理技術の進化により、検索エンジンがより高度な情報処理が可能になり、利用者にとってより適切な情報を提供するようになっています。

さらに、近年では検索エンジン以外のプラットフォームでも、SEO対策が必要な場面が増えています。例えば、SNSや音声アシスタントなどでは、キーワードだけでなく、自然な言葉でのコミュニケーションや、ユーザーにとって有用な情報の提供が求められるためです。

また、検索エンジンは常に進化しており、新しいアルゴリズムやテクノロジーが導入されることがあります。そのため、SEO対策も常に最新の情報を把握し、対策を行うことが必要です。最新のトレンドやテクノロジーを理解し、正確なデータ分析や予測分析を行い、常に最適なSEO対策を行うことが、Webサイトの成功につながると言えます。

SEO対策の歴史の振り返り

SEO対策の歴史を振り返ると、検索エンジンの進化に伴い、SEO対策の手法や要素が変化してきました。現在では、コンテンツの質やユーザビリティ、モバイルフレンドリーなどが重要視されるようになっており、検索エンジン以外のプラットフォームでもSEO対策が必要になっています。SEO対策は常に最新の情報を把握し、最適な対策を行うことが必要であり、Webサイトの成功に欠かせない要素の一つと言えます。

Gooleでは過去において大型のアップデートを繰り返し、検索上位にヒットしていたサイトが突然ランク外へと追いやられたこともあります。例えば、健康アップデート、パンダアップデートと呼ばれるものがそれにあたります。

今後のSEO対策の見通し

さらに、SEO対策の重要性は今後ますます高まることが予想されます。今後、検索エンジンがより高度な技術を用いて、より正確な検索結果を提供するようになることが見通しとしてあり、例えば、AI技術による自然言語処理の進化により、ユーザーがより自然な言葉で検索できるようになると予想されています。また、検索エンジンがユーザーの履歴や嗜好をより正確に把握し、より個別化された検索結果を提供するようになる可能性もあります。

そして検索エンジン以外のプラットフォームでも、SEO対策がますます重要になってきています。例えば、SNSでは、適切なタグ付けやコンテンツのシェアなどが、検索結果に影響を与えることがあります。音声アシスタントでも、自然な言葉でのコミュニケーションや、地域や時間帯などに応じた検索結果の提供が求められます。

また、SEO対策は今後ますます専門的な知識やスキルが求められるようになることが予想されます。検索エンジンの進化に合わせて、SEO対策の手法や要素が変化していくため、最新の情報やテクノロジーを常に追いかけ、最適な対策を行うことが必要になるでしょう。また、SEO対策は単なるテクニックや手法だけでなく、コンテンツの品質やユーザーの利便性など、より広い視点からのWebマーケティング戦略の一部として考える必要があります。

まとめ

SEO対策は、Webサイトの成功に欠かせない要素の一つであり、今後ますます重要性が高まることが予想されます。最新の情報や技術などの情報収集をしながら最適な対策を行い、コンテンツの品質やユーザーの利便性を重視したWebマーケティング戦略を構築することが、成功するWebサイトを作り上げるためには欠かせない要素と言えます。

SEO対策については複雑な要素が絡み合っていて、一朝一夕で結果が出るものではありませんし、一つの要素だけに特化していても結果が伴いません。
何回かに渡ってお伝えしますので、また別の記事でお会いしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

銀行員時代に支店長に言われた「何でもできる奴は何もできない奴」を絵に描いたような性格。知財検定、危険物、電気工事士などの資格を取得し、料理、カメラ、ブログ作成、動画編集と、思い立ったものは何でも趣味でやっています(笑)

目次